ニキビケア

背中のニキビケア

おでこや頬にニキビができてしまうと、毎日顔を洗うときに目に付くし、すごく気になりますね。
ニキビができやすいのはもちろん顔だけではありません。
一番苦労したのが背中のニキビなんですね。

 

自分では中々目見ることはできないけれど、人の目からはかなり目立つ部分に出来るものだからです。
しかも、自分では手が届きにくいこともあって、ケアと言っても自分でするのはかなり難しいです。
ニキビケア用の石鹸で顔を洗うときには丁寧にあわ立てて優しく泡で洗うことも出来るのですが、背中のにきびともなるとふわふわにあわ立てた泡で優しく洗うのは結構大変です。

 

そう、手が届かないんです。
そこで私がやってしまった間違ったニキビケアがボディブラシを使って背中を洗うことです。
それほど化膿していない状態のニキビなら、痛みがあるわけではないので大丈夫かなと思ってボディブラシを使って洗ったら、思いのほかべたつきも取れてすっきりとして、ちょっと病み付きになって毎日ボディブラシで洗っていたところ、明らかにニキビが悪化してしまったんです。

 

しかも赤にきびまで出来てしまって、これじゃあいけないと、ボディブラシでこすって洗うのはやめました。
背中のニキビでもやはりごしごしとこするのは絶対やってはいけないニキビケアです。

 

顔と同じように丁寧に洗顔することが背中のニキビケアにも大切なようです。
ふわふわにあわ立てた泡で何とか腕を目一杯のばして上からそして下から丁寧に洗うようにしました。

 

ボディブラシを使っていた頃には、背中は洗ったらそのまま何もケアをしなかったんですが、背中のニキビにも、やはりニキビケアとして保湿することは必要だといわれ、ニキビに効果的なローションを顔だけでなく背中にもつけるようにしました。

 

その際は家族に手伝ってもらってコットンで丁寧につけたり、時々ローションパックもするようになったら背中のニキビもずいぶん良くなりました。